夏休みには受験の準備をしましょう
2016.10.04

subimg02小学校受験を行うとき、対策としてはできるだけ早くから行った方が良いとされます。可能であれば、子供が歩き始めた時、話を始めた時ぐらいから少しずつ行っていくのが良いとされます。行えることとしては、自宅で自分たちで行うこともありますが、なかなかできないこともあります。その時には、幼児教室や、専門の学校に行かせるのが良いでしょう。0歳から入ることができるクラスも用意されています。小学校の場合であれば、最低でも1年前からは対策をした方が良いとされています。多くの学校は秋ごろから試験が始まりますから、その1年ぐらい前には行っておきます。専門の学校に通うと、日に日に子供が成長するのがわかるくらい有効な対策をしてもらえます。これまでのノウハウに基づいて、効率的な教育を行ってくれます。

前年の秋から準備を行い、いよいよ直前となるのが夏休みになるでしょう。幼稚園の場合には夏は休みになります。保育園の場合も何日か休みに入ることもあります。友達と触れ合うことが少なくなるので、うまく過ごさないと、せっかく築き上げた能力が下がってしまうことがあります。総仕上げをする期間として、きちんと過ごさせるようにします。多くの幼児教室は、毎日授業があるわけではありません。週に数回です。その時にはみっちりと勉強をしてくれたり、体を動かしたりしてくれます。でも、それ以外の曜日にだらだらしてしまうことがあります。子供としても、暑い中勉強をしたりするのはつらいこともあります。親が一緒になって、勉強をして行くぐらいの気持ちがないといけないかもしれません。無理やりではなく、自然にさせるようにします。

普段の対策は、どうしても屋内で行うことが多くなります。学校によって異なりますが、自然を大事にしている学校などがあります。それらの学校では、動植物との触れ合いなどが試験で重視されることがあります。夏休みにできることとして、屋外での活動をさせることがあります。自然の多いところでキャンプをしたり、バーベキューをしたりすることです。普通であれば親が中心になって行いますが、あくまでも受験対策として行います。自然い生えている花がどんな花であるか、海や湖に住んでいる生物にどんなものがいるかなどを教えながら過ごすようにします。もしそのことが問われたりすれば、子供もそれを答えることができます。室内で勉強ばかりをしていると、普段は室内にこもって過ごしているとみられてしまいます。

▲ ページトップへ