小学校受験のおすすめ企業

第1位 伸芽会

  • まずは学力の基礎を構築することが大切です

  • 名門小学校への合格者を毎年数多く輩出する幼児教室

  • 創造性を生かした教育を実践している伸芽会

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

伸芽会に対するみんなの口コミ

伸芽会の目的とする三つの理念は、想像力教育、体験力教育、自助力教育です。これらを身に付けることにより、有名幼稚園や有名小...
伸芽会は、小学校受験を始めとした子供を学ばせる幼児教育のスクールとなっています。一人一人の得意分野や苦手な分野をきちんと...
お子様をお受験させるなら伸芽会がお勧めです。有名私立小学校への入学は個人が家庭勉強を行ってもなかなか簡単にはいきません。...

お子様の自由な感性と才能を目覚めさせる伸芽会

伸芽会では、それぞれのお子様の個性を最大限に生かしながらきめ細かな指導を行っています。名門小学校受験でも、抜群の実績を誇っています。1歳から指導を受けることが可能で、年長さんまでコースが揃っています。

第2位 チャイルドアイズ

  • 子供の未来を輝かしいものに、今親が出来る事

  • 幼児教育に定評のあるチャイルドアイズとは

  • 考える力を幼い頃から徹底的に育てることに力を入れる

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

チャイルドアイズに対するみんなの口コミ

チャイルドアイズでは、個々の個性を大切にしながら教育をしてくれます。遊びの延長感覚で、無理強いなく能力が育つようなカリキ...
子供に何かさしてあげたい。何か習わしてあげたい。っと思う人もいるでしょう。各いろいろある教室の中で「チャイルドアイズ」は...
チャイルドアイズでは社会人に求められる考える力を子供の頃の教育で習得させることが出来ます。最近の理論でも3歳頃までの教育...

感受性も知育もチャイルドアイズにお任せください

小学校受験を考えていらっしゃる保護者の方、素晴らしい教室があります。チャイルドアイズです。知能育成コースは1歳半から受けられます。受験対策コースも幼稚園・小学校・中学受験準備など目的別に選択可能です。

第3位 リトルバード幼児教室

  • 難関小学校受験対策にはリトルバード幼児教室

  • 幼少の段階からしっかりサポートするリトルバード幼児教室

  • リトルバード幼児教室で行っている小学校お受験。

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

リトルバード幼児教室に対するみんなの口コミ

リトルバード幼児教室とは、少人数制の個人塾で、幼児期の大切な時期に「豊かな感性や好奇心を育て、自立心を育くむ」ことを目的...
リトルバード幼児教室に子供を通わせていますがプリントワークが豊富で、子供も一生懸命取り組んでいます。子供でしっかりと学ぶ...
リトルバード幼児教室は小学校受験をお考えの方におすすめします。特に難関校の受験対策に力をいれており、徹底した学校別の指導...

私立幼稚園、小学校受験の幼児教室なら

リトルバード幼児教室は、私立幼稚園、小学校受験に特化した教室です。子ども一人ひとりに向き合い、必ず力を伸ばします。

第4位 理英会

効果 価格・保証
満足度 規模・実績
口コミ

体験型授業が充実している理英会

理英会は多くの体験型授業を採用しています。自分で考える力を身に付けることによって小学校受験にも役に立ちます。

第5位 ジャック幼児教室

効果 価格・保証
満足度 規模・実績
口コミ

ジャック幼児教室の小学校受験の事

小学校受験といえばすぐに浮かぶ名前といえば、ジャック幼児教室信頼関係でできていて安心できる事です。教え方、集中力を養うには一番の魅力ある教室ではないかと思えます。

正しい塾の選び方

thumbnail01私立中学であったり、高校、大学などに進学させたいとき、できるだけ学力をアップさせてくれる塾を選ぶでしょう。これらの試験では学力考査が非常に重要になるからです。では小学校受験ではどうかです。もちろん学力考査はあり、それなりのウェイトを占めています。ですから全く何もしていないと、それで合格できないこともあります。しかし、もっとウェイトが高い内容があります。

正しい塾の選び方としては、まずは、子供を行かせたい学校を決めることです。国立と有名私立があります。有名私立にも、高校までの学校と大学までの学校があります。それぞれで対応が異なります。私立などで優先されるのは、行動観察とされます。子供に自由に遊ばせ、その様子を担当官がチェックします。何気ない行動が影響することもあるので、そのことを知っている塾を選ぶ必要があります。

受験では、子供が学校に入るためにいろいろな考査が行われます。では子供のみが見られるかですが、そうではありません。親も見られます。面接では親子で受けることが多く、親の態度によって合格が難しくなることもあります。塾によっては、子供の教育だけでなく、親の対応の仕方などにも対応してくれるところがあります。普段からの子供との接し方も教えてくれるところが良いでしょう。

いつから勉強をはじめればいいの?

thumbnail02試験に合格をするために準備をすることがあります。この時、人によっては直前からのこともありますし、十分に時間を取ることもあります。直前の場合は、それまでは自由に生活を楽しむことができます。一方、十分時間を取ると対策はできます。しかし自由な生活が犠牲になることもあります。それぞれがうまく折り合うところを見つけることができればよいかもしれません。

小学校受験を行うとき、はじめる時期としてはいつ頃が良いかです。目標はもちろん志望校への合格です。その目標を達成するのであれば、早ければ早いほど合格率は高くなるとされています。幼児教室によって異なりますが、0歳から入ることができるところもあります。さすがに0歳のころは保育園のような感覚になるでしょうが、早ければその環境に慣れることができます。後から入ってくる子より常に前に立てます。

それと比較して最も遅く対策するとしたらどれくらいかです。直前でも可能な人はいるでしょうが、幼児教室で対策をするなら、1年前ぐらいからで十分合格レベルに達するようです。もちろんそれぞれの子の能力によりますが、教えられたことをきちんとできるなら、十分可能性はあります。1年で行うには、人の話を聞く、表現するなど基本的なことが周りの子よりもできていないと難しいこともあります。

小学校受験の費用はいくらぐらいかかるの?

thumbnail03試験対策として独学で行うことがあります。学校に通うコストが減らせるので、お金をあまり使わずに済ませられます。自分が勉強するなら独学でも構いませんが、子供、しかも小学校入学前の子供に独学をさせるのはかなり難しくなります。小学校受験をさせようとする場合には、一定の塾などに通わせる必要が出てくるでしょう。その時、どれくらいかかるか知っておくと良いでしょう。

幼児教室だけでなく、小学生や社会人までが学ぶと呼ばれる教室があります。教材が配布され、それを解いて先生に採点をしてもらうタイプです。月の費用は2千円程度ですから、コスト的にはかなり安くなります。ただ、あくまでも学力や能力をアップさせるための教室です。小学校に合格するノウハウなどを教えてくれるわけではないので、注意しないといけません。

行動観察などの対策を行ってくれる学校となると、それなりにかかることがあります。ランキングに入る学校であれば、入学金で3万円ぐらい、月謝は安いところで1万円程度、高くなると10万近くかかることもあります。高いように感じますが、月謝が高いところはその分サポートもよくなります。また、安いところよりも授業の回数が多い場合があります。高いなりにいいサービスを受けることができます。

小学校受験に合格する子としない子の違い

thumbnail04学校の受験や就職活動で、どんどん合格する人もいれば、まったくできない人もいます。その差がどこにあるのか知りたい人もいるでしょう。小学校受験でも合格する子は受けたところすべてに合格するぐらいどんどん合格できます。一方しない子はかなり難しく、何とかぎりぎりで一つ合格できるかのこともあります。もちろんどちらの子も幼児教室などに通って対策はしています。

違いとしては、まずは親の意識が異なります。父親のみ母親のみが一生懸命なところは難しいです。もう一方がそれほど意識がない場合、ここぞの一押しができません。子供も両親から押されて初めて頑張ろうと考えます。どちらかが別にしなくていいといえば、そちらに気持ちが流れてしまいます。合格する子は、親が両親ともに一生懸命対策をします。幼児教室にも積極的に参加しています。

では子供自身にはどんな違いがあるかです。勉強にしても、運動、その他の行動観察においても自信を持って行動できる子が受かりやすいようです。一方で不安の中で受験をする子は、プレッシャーに負けてしまうことがあります。幼児教室にも、プログラムをどんどん行うところもあれば、その子に合った教え方をするところもあります。それぞれの子に合った教室を選ぶことで、合格できる子にすることができます。

▲ ページトップへ